セビージャ選手が16/17シーズン、アノエタ・スタジアムで0-4の試合、ゴールを祝う
前評

チャンピオンズリーグ出場権を手にするため、団結したセビージャが最高の舞台に立つ。相手はドローゲームが一度もなく、勝ち負けがはっきりしたチーム。

La fortaleza sevillista es el escenario más fiable para asegurar clasificación Champions ante un peligroso rival que gana o pierde fuera de casa; es el único que nunca ha empatado

セビージャ対レアル・ソシエダ(サンチェス・ピスフアン・スタジアムでは今シーズン、この試合を含め、残り2試合)。この試合が目標達成のためには重要な一戦。リーガが安定を求められる大会ならば、サンパオリ監督のセビージャは最高の実力を示している。35試合中32試合でチャンピオンズリーグ圏内をキープ(具体的には2位から4位の間をキープ)。しかし、この位置を確実なものにするためには、今週金曜日の大事な一戦で勝ち点を取る必要がある。セビージャファンにとって最高の日のように。2つのキーワードがある:スタンドからの絶対的な支え(5月末を連想)とセビージャを包み込む信頼。セビージャの本拠地があるネルビオンでは今シーズン、13勝3分1敗。リーガのトップ2に匹敵する成績だ。チームとファンが魔法をかけ、今年のチームの活躍に値する順位を維持するために努力することが必要だ。

35試合中32試合でチャンピオンズ圏内を維持し、ファンの魔法と努力に支えられ、チャンピオンズ圏内を得るための安定感の証を示す。

試合はハイレベルで進むだろう、相手はセビージャと同じような特徴を持っている。エウセビオ・サクリスタン監督が率いるレアル・ソシエダはボール支配を好み、前線からプレッシャーをかけ、セビージャと同じようなスタイルを持っている。セビージャは62ゴールを決めており、サン・セバスティアンを本拠地にするレアル・ソシエダは54ゴール。失点はセビージャが44、レアル・ソシエダが48。両チームとも守りに難点を持つ。チュリウルディンの愛称を持つレアル・ソシエダは粘り強いが、アウェー戦では勝ち負けがはっきりし、アウェーでドローがない唯一のチームだ。このドローの差が順位の上でセビージャとレアル・ソシエダを引き離している。レアル・ソシエダが19勝に対し、セビージャは20勝、勝ち点の上では7ポイントの差がある。対戦成績ではセビージャが上回っている。ホームで行われた最近の10試合では7勝1分2敗(2013年と2016年に1-2で敗戦)。最近の敗戦ではベルガラとクリホヴィアクにゴールを決められ、セビージャはガメイロが決めた。

レアル・ソシエダはアウェーで9勝8敗。アウェーで唯一、ドローがないチーム。ヨーロッパの大会を目指すチームとの5試合では5敗。

今シーズンのリーガ、レアル・ソシエダはアウェーの試合、浮き沈みが激しい。9勝8敗、26得点26失点。ヨーロッパレベルの大会出場を目指す5チームとの対戦では、激しい戦いをしているが、5敗。ビジャレアル戦(2-1)、アトレティック(3-2)、マドリード(3-0)、アトレティコ(1-0)、バルセロナ(3-2)。毎試合、勝利を目指して戦っているが、守りに弱点を持っている。48失点だが、セットプレーから8失点(レアル・マドリードも同点)。

最高のセビージャはアノエタ・スタジアムで0-4、今週金曜日、再び勝利をおさめ、順位の確保を目指す。

ファーストレグ、アノエタ・スタジアムでの0-4はベン・イェデルが3ゴールを決め、レジェスがサラビアに最高のアシストをプレゼントし、上位争いでセビージャを絶好に。今シーズン最高の大量得点になった。サンパオリ監督のセビージャはディフェンスを固め、効果的な攻撃を仕掛ける必要がある。自陣でも敵陣でも確実なプレーが求められる。セビージャ本拠地でスタジアムの信頼に応えることは目的達成のため、勝利を重ねる上で重要。難しい試合になるだろう。レアル・ソシエダはウィリアン・ジョゼ(12ゴール)、フアンミ(10ゴール)、カルロス・ベラ(8ゴール)、シャビ・プリエト(7ゴール)というゴールゲッター4人を配置し、攻撃的なサッカーを仕掛けてくる。54得点中、この4人が37ゴールを決めている。

ウィリアン・ジョゼ(招集外)、フアンミ、ベラ、シャビ・プリエトがレアル・ソシエダの37ゴールを決めている。この試合、強固な壁を作る必要がある。

ブラジル出身のウィリアン・ジョゼが招集外だが、メキシコ人ベラがゴールを奪いにプレーし、その横には不屈のプリエト、好調のフアンミが並ぶ。その他にもミケル・オヤルサバルがプレー。オヤルサバルは1ゴールだが、エウセビオ監督のチームの重要なパーツ。一方、サンパリ監督のチームは今週金曜日、相手のディフェンス陣に立ち向かう課題が残っている。相手ゴールを前に臭覚を発揮しなければならない。セビージャファンは最初のゴールを支えることができるが、セビージャのFW陣は得点を取ってくるという目標を達成しなければならない。心許す魔法のような舞台で勝利を逃すことはできない。

Communication Department