一軍

カストロ会長がベリッソ監督について「渇望を持った監督で、それこそがわたしたちに必要だ」

カストロ会長はベリッソ監督について、常に「第一候補」だったと説明し、交渉は難しかったが「最初から共感していた」と語った。

ホセ・カルロス会長は木曜日、SFCラジオに出演し、セビージャFCの今後2シーズンの新監督について、クラブとエドゥアルド・ベリッソ監督が基本合意に至ったことを評価した。「サッカー面でも、野望の面でも、わたしたちが探していた監督の要素をすべて備えている。渇望を持った監督で、それこそがわたしたちに必要だ。最適な監督で、スポーツ部門が今後2シーズンの監督として提案した」。

カストロ会長は「簡単ではなかった」と認め、「交渉が困難だったのは当然だ。成長著しい監督を望むなら、両サイドから要求が出るのは当然で、すべてが話し合われた。金銭面だけではなく、スポーツ面、プロジェクトなども含めて。高いレベルの監督だからこそ、普通の交渉よりも難しいのは当然だ。合意に至るまで、両サイドで十分な作業が行われた。わたしたちの第一候補は彼だった。彼は希望に満ちている。昨日、彼と電話で話をしたが、彼の希望に満ちた話をぜひ聞いてほしい。実際、最初から共感していた」。

その意味で、「前監督との件を終え、実際に彼と交渉したのは今週だった。わたしたちは、熟練した監督という条件だけでなく、この渇望を望んでいた。わたしたちのDNAに合致し、わたしたちはその意味を熟知している」

Communication Department