ベリッソ監督がサイドでサラビアに指示を送る
一軍

ベリッソ監督「攻めの力が重要だった、9番のポジションの両選手がゴールを決めている」

ベリッソ監督がセレッソ大阪を相手にした初戦に満足。

順調な第一歩に満足。セレッソ大阪を相手にセビージャFCがプレシーズン最初の勝利を収めた後、エドゥアルド・ベリッソ監督は次のように感想を述べた。「試合はポジティブなものだった。自分たちのスタイルを見つけるのに役立ち、十分に走り、ボール際で争った。前半後半、それぞれにリズムがあり、暑さが試合に影響を与えたと思うが、プラスなことがある。それぞれの選手が出場チャンスを持ち、良かった」。

アルゼンチン人監督は特に、攻撃陣について言及。「わたしにとって、ピッチやそれぞれの場面で選手たちを知るための機会になった。好きな部分が多くあった。特に攻撃の力が重要で、9番のポジションの両選手がゴールを決めている。わたしにアイデアを与える多くの攻撃チャンスを作った。トレーニングを続け、進化しなければならない」。

選手交代についての質問において、全選手が新監督の信頼を勝ち取らなければならない。「全員が観察対象であり、アピールし、ポジションを勝ち取り、結果を出さなければならない。サッカーは現在であり、素早く適応しなければならない。新監督は新しいことを要求し、全員の希望は大きなものに見える」。

「新監督は新しいことを要求し、全員の希望は大きなものに見える」

全員がチャンピオンズリーグを意識し、ベリッソ監督も同様。「常に何かのために準備を進めている。リーガであれ、チャンピオンズリーグであれ。今回の予選が大変重要なことは言うまでもない。すべての準備はその試合のためにあり、その試合に向けて調整を進めている。結果が出ることを願う」。

今日の試合環境について、あらためて日本のファンに感謝を述べた。「ここ日本では、人々との関係で親しみとリスペクトがある。施設は最高で、とても快適に練習をすることができる。今日、戦術面の結果は最小限。今日は走り、プレーした。戦術面に関しては調整を進める」。

最後に、ノリートについて語り、差し迫った日本到着に触れた。「彼は技術部門と話していた目標だ。サイドの選手で、チャンスを作ることができ、相手を崩すことができる。最高のレベルを取り戻さなければならない。イギリスで数か月間、体を動かしていないが、再び彼を得たことに満足している」。

Communication Department