モンテッラ監督がチャンピオンズリーグのマンチェスター・ユナイテッド戦を前に試合前の記者会見を行った
一軍

モンテッラ監督がマンチェスター・ユナイテッド戦について「明日、われわれは大胆さを持たなければならない」

「フィジカル面が好調で、集中力を高め、野望を持つことが必要」と説明。モウリーニョ監督に比べて経験不足かもしれないとし、ユナイテッドが一歩有利かもしれないとしつつも、「意識せず、精力的に」プレーすると語った。

ラモン・サンチェス・ピスフアンスタジアムに報道陣が大挙するのは珍しい光景。20台以上のテレビカメラが集まる中、 ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督がラモン・サンチェス・ピスフアンスタジアムのプレスルームに姿を現し、チャンピオンズリーグのマンチェスター・ユナイテッド戦を前に試合前の記者会見を行った。一番の質問はセビージャが水曜日、どのようにピッチに上がるか。モンテッラ監督は気持ちをコントロールして臨むことがカギとした。, 。「明日はアトレティコ戦を上回らなければならない、.なぜならアトレティコ戦、ある時間帯では気持ちが高ぶり過ぎていた。今は1か月間のトレーニングを経て、経験を積んでいる。チームが同じ気持ちで臨み、冷静さを保ってくれることを期待している」。

今の気持ちを説明し、「信頼している。とても厳しく難しい試合になるだろう。 フィジカル面が好調で、集中力を高め、野望を持たなければならない。このような試合に臨むには良いタイミングだ。これこそ最高レベルの試合だ。頭も体も集中力を高めスピード感を持ってプレーしなければならない。明日はそのようなプレーが要求され、大胆さを持たなければならない」。

「これこそ最高レベルの試合だ。頭も体も集中力を高めスピード感を持ってプレーしなければならない。

また、モンテッラ監督, はユナイテッドの ジョゼ・モウリーニョ監督を称賛する一人, であることを口にした。「とても興奮している。トレーニング方法に関しては第一人者であり、彼の本を読み、彼の戦術を勉強した。研究に値する監督であることは間違いない」。

「このような試合に臨むことは楽しみだ。明日はさらに調子が上がっていることを期待している。 この瞬間にも、クラブにも、選手にも、ファンにも、とても満足している、なぜなら明日は偉大な日になる」。…このように締めくくった。

"モウリーニョ監督との一戦について「彼の本を読み、彼の戦術を勉強した。"

このような対戦でのモウリーニョ監督の経験, について質問が出たところ、モウリーニョ監督が有利であるとの心境を述べた。「モウリーニョ監督がどのくらい試合を重ねているかわからない、わたしより137試合は多いだろう(笑)。不慣れで、無意識に戦うことになるだろうが、気持ちを高めて臨まなければならない」。

その意味で、「それぞれの試合には多くの局面がある。ある時は守りに回り、ある時は攻めに転じ、ある時は相手に攻めさせなければならない。各チームはそれぞれの局面をどのように処理するか理解していなければならない。わたしが思うには、マンチェスターは攻めの局面も守りの局面も熟知している」。

「不慣れで、無意識に戦うことになるだろうが、気持ちを高めて臨まなければならない」

具体的な選手名の話になり、「コレアは大丈夫。昨日は最後まで練習することができなかったが、休ませたかったからだ。今日は最後まで練習を行った。フィジカル面は順調で、明日はプレーすることができる」。その後、ムリエルとサラビアについて質問が及び、「ムリエルは今年に入って、驚異的に良くなった。サンプドリアでの最後のシーズンの後、犠牲になる気持ちが増し、技術的にも伸びている。まだまだ成長の余地があり、彼の成長を待っている。サラビアも同じだ。ボールを持っていても、相手にボールが渡っていても、犠牲になる気持ちを持った選手たちだ」。

「ムリエルとサラビアは犠牲になる気持ちを持った選手たちだ」

最後に、アラナの状況について安心していると説明。「アラナは将来的にとても重要な選手になる。彼は別のリーグから来て、1か月間のオフがあった。新しいリーグ、新しい監督、新しいチームメートに慣れなければならない。心配していない。まだまだ時間がある」。

 

Communication Department