Carriço del Sevilla FC ante el RC Deportivo
クロニクル

0-0 デポルティーボを相手にチャンスを量産も、ゴールにはつながらず、終盤にはデポルティーボがゴールチャンス

ルベン・マルティネスがゴールを守り切り、最後の5分間にルーカス・ペレスがカウンター攻撃から決定機を作り、モスケラが終了直前にポストに当たる決定的なチャンスを作った。デポルティーボ・デ・コルーニャとセビージャの一戦、多くのゴールチャンスがあったが、両チームともネットを揺らすことができず、勝ち点1を分け合うことになり、両チームに不満が残る一戦となった。

シュートの精度を欠いた場合、獲得できる勝ち点は1このサッカーにおける原理を今日の午後、デポルティーボ・デ・コルーニャもセビージャも実感することなった。リアソールスタジアムで行われた試合、両チームとも目標を達成するためには勝利が必要な一戦となったが、ゴール前での閃きを欠き、試合開始と同じスコアで試合が終わった。モンテッラ監督のセビージャは中心選手の数人を国王杯に備えて温存したが、前半は素晴らしい戦いをし、後半につなげた。試合終盤はデポルの愛称を持つデポルティーボが試合を支配し、幸運にもスコアが変わることはなかった。

セビージャは先制点を奪って前半を終えるために全力を尽くした。セビージャが一方的にボールを支配し、決定機を量産したが、好調なルベンからゴールを奪うことができなかった。普段とは異なる選手たちがピッチに並んだが、モンテッラ監督のチームは相手チームの攻勢を防ぐためにボールキープを徹底した。まずはラジュンがロングシュートを放ち、相手ゴールを狙ったが、最初の決定機はアドリアン。しかし、ダビド・ソリアがコーナーキックからのハイボールを見事にクリアした。それ以降はセビージャが一方的に試合を支配し、数々のチャンスを作った。この試合のサプライズメンバーとなったカルロス・フェルナンデスがサンドロからのパスを受けてチャンスを作り、特にガイスのフリーキックからピサーロが得たチャンスはゴールに思われたが、ルベンのセーブにあった。

カルロス・フェルナンデスの見事なヒールパスからバネガが前半戦で一番のチャンスを得たが、クロスシュートは枠の外へ。

序盤、デポルティーボが攻撃を仕掛け、序盤は有利な展開となった。ルーカス・ペルスとアドリアンがGK近くにシュートを放った。しかし、ネルビオンを本拠地に持つセビージャが再び敵陣で試合を進めるまでに時間はかからず、前線からのプレスと決定機が訪れた。ナバスが右サイドを制し、カルロス・フェルナンデスがスペースを作った。ハーフタイムまで6分の場面、そのスペースをバネガが活かした。アルゼンチン人のバネガは鋭いクロスシュートを放ち、4分後にはカルロスがボールをコントロールし、完全にフリーとなる場面を作った。その前のプレーでは、試合序盤にガイスと接触したクローン=デリがめまいを覚え、エムレ・チョラクと交代した。

前半の一方的なゲームとは別に、後半は五分五分の試合展開となったが、両チームとも敵ゴール前まで容易く攻め込むことができた。後半開始早々、両チームが攻防を繰り返す中、コレアがエリア隅のカルロスにボールを送った。そのすぐあと、サンドロが飛び出してきたルベンに止められた。偶然にも、これがセビージャの最後の決定機となった。時間の経過と共に、セビージャは攻撃の力が抜け、デポルティーボが試合を支配する展開となった。

前半は決定機が多かったが、後半は五分五分の展開。試合終盤にはデポルティーボが絶好のチャンスを得た。

モンテッラ監督はサンドロとノリートを投入し、チームの雰囲気を高めたが、ムリエルは右サイドへ流れるプレーを強いられる展開となった。一方、ドローゲームの場合、苦しい状況となるデポルティーボはゴールを目指し、士気を高めてきた。セビージャは確実にポジションを維持したが、ルーカス・ペレスへのロングボールで苦しめられた。ルーカス・ペレスにとって幸運な一戦とはならず、セビージャのディフェンス陣、ダビド・ソリアが踏ん張った。一方、最大のチャンスはモスケラに訪れた。リバウンドが続き、最後はモスケラがエリア前からポストをかすめるシュートを放った

ガリシア地方のチームは攻撃の手を緩めず、最後はセビージャを圧倒。前半、セビージャは大量得点のチャンスを得たが、試合最後にはぎりぎりで勝ち点1を手にする一戦となった。今節が終わるまで、今日の勝ち点1がどのような結果をもたらすかわからないが、スペイン国王杯決勝は目の前。今週末に予定されていたレアル・マドリードとのホームでの一戦は延期となり、今日チームはマルベーリャに移動し、今シーズン最大の一戦に向け今週金曜日まで準備を進め、その後、スペインの首都、マドリードへ試合前日に移動する。

試合記録

  1. RCデポルティーボ:ルベン、フアンフラ、アルベントサ、シェア、ルイジーニョ、ギジェルメ(バカリ、80分)、セルソ・ボルヘス、ペドロ・モスケラ(バルベルデ、82分)、クローン=デリ(エムレ・チョラク、36分)、アドリアン、ルーカス・ペレス
  1. セビージャFC:ヘスス・ナバス、カリーソ、メルカド、ラジュン、ガイス、ピサーロ、サンドロ(ムリエル、75分)、バネガ、コレア(サラビア、56分)、カルロス・フェルナンデス(ノリート、67分)

得点:なし

審判:メディエ・ヒメネス、カタルーニャ協会。警告:バネガ、ラジュン

Communication Department