クロニクル

1-2 不可能だと言われていたからこそ、今日チャンピオンズリーグの8強にいる

オールド・トラッフォードスタジアムでセビージャFCの歴史に新たな勲章が加わった。スコアレスでなければドローゲームでも勝ち上がりが決まる一戦で、試合終盤の15分にベン・イェデルが2ゴールを決め、モウリーニョ監督が率いるマンチェスター・ユナイテッドから勝利を奪った。ルカクが1点を返し再び試合を盛り上げたが、イギリスチームはさらに2得点が必要な状況で、最後はセルヒオ・リコから追加得点を決めることができなかった。

セビージャFCがオールド・トラッフォードスタジアムでマンチェスター・ユナイテッドを倒し、チャンピオンズリーグ8強進出を決め、今シーズンの戦いを続ける。どれだけサッカーの歴史が重なろうが、すべての逸話がアクセサリーにすぎなくなるだろう。すべての常識を覆すことになった。ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督のチームの固い意志が世界最高と呼ばれるチームに立ち向かっただけではなく、サッカー界の聖地と言われているピッチの一つで勝利を左右する時間帯に2ゴールをつかみ取った。チャンピオンズリーグ60年の歴史を経て、ベスト8進出というビッグクラブの名誉を手にした。

試合は予想通り、マンチェスター・ユナイテッドが積極的なサッカーを仕掛けてきたが、セビージャは相手の攻撃を止めるだけではなく、モウリーニョ監督を脅かすプレーを早々に披露した。開始8分、最初のチャンスが生まれた。バネガの足から放たれたコーナーキック、コレアが相手ゴールを狙いすましたが、ボールはわずかに上へ。ピッチ中央ではセビージャがボールを支配し、デ・ヘアが守るエリアを脅かしたが、以前から言われているようにゴールネットを揺らす最後の一手を欠いた。一方、マンチェスター・ユナイテッドはサイドからボールを運び、中央で待つルカクがセビージャCBとの11で勝利を目指した。

セビージャは序盤、いくつかのピンチに見舞われたが、勝利への姿勢を示すまでに時間はかからなかった。

試合序盤はフランコ・バスケスがチームのキープレイヤーとなり、ムリエルとの連携を狙い、その活躍が印象に残った。また、ハードワークを強いられたが、若手選手ラングレの正確なプレーが目を引いた。セビージャが徐々にペースを取り戻し、マンチェスター・ユナイテッドの序盤の猛攻を無力にした。実際には試合序盤にセルヒオ・リコがセーブしたのはフェライニの強烈なシュートのみで、リコは抜群の反射神経でフェライニのシュートをコーナーキックに変えた。今回の対戦の勝敗が決まるまでに45分のみを残した場面でも、試合はネルビオンでのファーストレグの開始時と同じスコアだったが、セビージャは勝利への信念を失わなかった。

試合展開は厳しさを増し、後半開始早々、激しい争いとなり、リンガードとラッシュフォードがルカクにボールを集めるためにサイドのスペースを狙った。後半7分にはリンガードが自らゴールを狙ってきたが、クロスシュートは守護神セルヒオ・リコが弾き返した。後半最初に攻撃を仕掛けたのはコレア。サラビアが右サイドから正確なパスを送ったが、ボールコントロールのミスがチャンスを潰した。リスクは明らかだったが、勝利をものにするためには前へ出なければならなかった。

ベン・イェデルの投入が的中し、ベン・イェデルの2ゴールがイギリスチームから熱気を奪った。

疲労のたまったムリエルに代わり、ベン・イェデルがピッチに入り、それは起こった。これだけ的を射た交代はない。交代から数分後、フランス人ベン・イェデルはエリア内でボールをコントロールすると、デ・ヘアが守るゴールの左ポスト目掛けて足を振りぬいた。セビージャエリアに熱狂が生まれた。その後の15分間、苦しい戦いを強いられたが、実際にはセビージャの小柄なFWベン・イェデルが2点目を奪うまでに時間はかからなかった。小柄だがゴールエリア内でヘディングを決める偉大な選手。ベン・イェデルのシュートをデ・ヘアは自らのゴールネットに突き刺すことしかできなかった。主審がイーグルアイからの連絡を時計で受け取るまでゴールを待たなければならなかったが、最後はゴールがスコアに刻まれた。

セビージャがチャンピオンズリーグで次のステージに進むまで、あと10分。この時間が長く感じられた。ルカクがコーナーキックからのボールをゴールエリア内で得点にし、赤い悪魔として知られるマンチェスター・ユナイテッドに希望をもたらした。しかし、セビージャは目の前まできた大勝を譲る気持ちはまったくなかった。モンテッラ監督はピサーロとガイスを投入し、敵に隙を与えず、チームは危険を避けるべく賢明なプレーをした。事実、3点目が決まるかに思われたが、ベン・イェデルはデ・ヘアとの11をものにすることができなかった。チャンピオンズリーグのベスト8進出を果たした今夜は、セビージャFC128年の歴史の中で偉大な一夜の一つとなるだろう。

試合記録

1. マンチェスター・ユナイテッドFC:デ・ヘア、バレンシア(フアン・マタ、76分)、スモーリング、バイリー、ヤング、リンガード(マルシャル、76分)、フェライニ(ポグバ、59分)、マティッチ、ラッシュフォード、アレクシス、ルカク

2. セビージャFC:セルヒオ・リコ、メルカド、ケアー、ラングレ、エスクデロ、エンゾンジ、バネガ、サラビア、フランコ・バスケス(ピサーロ、87分)、コレア(ガイス、89分)、ムリエル(ベン・イェデル、72分)

得点:0-173分)ベン・イェデル0-277分)ベン・イェデル1-283分)ルカク

審判:ダニー・マッケリー(オランダ)警告:バネガ、ベン・イェデル、コレア、サラビア、ラッシュフォード

 

Communication Department