試合開始前、アントニアーノのグラウンドにて
カンテラ

3-2: セビージャCがレブリハで敗れるが、輝かしい6位の座を得た。

今シーズン最後の試合、対戦相手アントニアーノが逆転に成功したが、アントニアーノのディビシオン・デ・オノールへの降格は避けることができなかった。

セビージャCはシーズン最後の試合で勝ち点を奪うことができなかったが、チェスコ監督が率いるチームは恥じることなく最高のシーズンを送った。6位の座を争っていたエスペレーニョは大量失点し、最終的にセビージャが見事な順位を手にした。

だが、レブリハでの一戦の後味は良いものではなかった。アントニアーノは降格を避けるため勝利が必要だったが、開始18分には0-2とリードを奪われた。ゴンサロのセンタリングからビクトル・モリージョとディエゴ・ガルシアがゴール。一方、アントニアーノはハーフタイム前、後にハットトリックを決めるヘススがPKで1-2。

後半早々、同点ゴールが入り、アディショナルタイムに逆転ゴール。セビージャの選手たちは審判の判定に満足しないまま試合を後にした。大きな目標を達成したセビージャCは祝福に値し、昇格の可能性すらあった。

セビージャCの出場選手:ハビ・ディアス、エリセロ、ビジャパロス、アベル、フアンミ、A.カラスカル、ディエゴ・ガルシア、ゴンサロ、ビクトル、セラ、ルベン。途中出場:ミゲル・マルティン、カマーチョ、アルバロ

Communication Department