Soria y Arana ante el RC Celta de Vigo
クロニクル

4-0 アラナもビーゴでオウンゴール、早急の巻き返しが必要

セビージャがアウェーで再び敗戦。期待の持てる前半戦だったが、ガリシアをホームにするセルタの最初の攻撃で再びセビージャの守備陣がオウンゴール。絶好調のセルヒオ・アルバレスからゴールを奪うのは至難の業だったが、モンテッラ監督のチームは後半最初の二つのプレーで試合を失い、終盤にはアスパスが試合を締めくくるゴールを決めた。

ヨーロッパレベルの大会出場に向け、巻き返しが必要。セビージャFCがバライードススタジアムでセルタを相手に敗れた。セルタはエンジンがかかるまでに時間がかかったが、ゴールを奪うのにシュートを放つ必要はなかった。不運なプレーが起こった上、ケアーの負傷の原因ともなり、アラナのオウンゴールで1-0となってしまった。後半、イアゴ・アスパスのハットトリックにより、敗戦が決定、今節終了時にはヨーロッパレベルの大会に出場できる順位を失う可能性がある。

セビージャの序盤は悪くなかった。バネガがボールを供給し、ゲームを支配し、ウォーミングアップ中に負傷したコレアに代わりにピッチに立ったサンドロが積極的に攻撃に加わった。一方で、セビージャは相手エリア内でのひらめきに欠けたが、セルタは積極性を欠き、ピッチ中央でチャンスを作ることができず、モンテッラ監督の選手たちは余裕を持ってプレーに臨めた。。開始から7分、カナリア諸島出身のサンドロがクリアミスを見逃さず、シュートを放ったが、セルヒオ・アルバレスがスペースを潰し、0-1の場面を逃れた。バネガとラジュンの遠慮気味なシュートも先制点のチャンスとなった。一方で、ダビド・ソリアは相手の緩いセンタリングに対して確実なプレーを披露。

序盤の30分間、セビージャが楽にゲームを支配し、ダビド・ソリアはほとんど仕事がなかった。

セビージャが相手陣内でプレーをする機会が多く、最後の一撃が足りなかった。しかし、この流れが試合の展開を変え、悪い結果をもたらした。シストが左サイドから攻撃を仕掛け、エリア内にセンタリング、ケアーが自陣ゴールに向かってクリアミスをすると、ソリアが奇跡的にもファーサイドでセーブした。悪い流れはアラナのプレーで完結。アラナの放ったボールは自陣のゴールネットを揺らした。ウンスエ監督の選手たちはシュートを放つことなく先制点を奪い、アスパスが追加点を奪うチャンスを得たが、ソリアがコーナーキックに変えた。ケアーが負傷したことにより、その時すでにラングレがピッチに立っていた。

ボールがセルタゴールに入りたくなかったのは明確。サンドロが鋭いシュートを放ち、相手ディフェンスに当たり、セルヒオ・アルバレスを苦しめたが、反射的に伸ばしたセルヒオ・アルバレスの足が信じられないようなプレーでシュートをセーブ。後半も同じようなプレーが生まれた。ボールの憶測を誤ったことで、イアゴ・アスパスがソリアと11の場面となり、セビージャからゴールを奪うと、さらに厳しい状況となった。ほぼ試合に決着をつけるゴールが、そのすぐ後に生まれた。

後半最初、試合時間がまだまだ残る中、アスパスが2ゴールを決め、試合に決着をつけた。

左サイドからファーサイドへのセンタリング、ソリアが飛び出したが、ラングレとアラナを前にしたアスパスがボールを止めると、アスパスは無人のゴールにボールを蹴りこんだ。モンテッラ監督はフランコ・バスケスとピサーロをピッチに送り反撃を図った。一方、観客の喝采を受け、ノリートがピッチを後にした。試合は3-0で終わるかに思われたが、アスパスがハットトリックを完成させる時間が残っていた。ファーサイドへ放たれたセンタリング気味のシュートをクリアすることができずにゴール。

不運な午後、ソリアが追加点を阻止したが、リーガでの悪い流れが止まらない。再び舞台を変え、バイエルン・ミュンヘンとの厳しい一戦に照準を合わせる。バイエルンはアウクスブルクで大量得点を奪い、ブンデスリーガ6連覇を決めている

試合記録

4. RCセルタ・デ・ビーゴ:セルヒオ、ウーゴ・マジョ、セルヒオ・ゴンサレス、ロンカリア、ホニー(カブラル、76分)、ロボツカ、ヴァス(ラドヤ、73分)、トゥク・エルナンデス(ボジェ、82分)、ブライス・エルナンデス、イアゴ・アスパス、ピオーネ・シスト

0. セビージャFCダビド・ソリア、ラジュン、カリーソ、ケアー(ラングレ、38分)、アラナ、エンゾンジ、ピサーロ(フランコ・バスケス、58分)、バネガ、サラビア(ノリート、71分)、サンドロ、ベン・イェデル

得点:1-037分)アラナ(オウンゴール)2-057分)イアゴ・アスパス3-060分)イアゴ・アスパス4-078分)イアゴ・アスパス

審判:アルバレス・イスキエルド、カタルーニャ協会警告:ホニー、ピサーロ、バネガ

Communication Department