エドゥアルド・ベリッソ監督「マルセロ・ビエルサ監督をスタートとし、成長の歴史を継続する」
一軍

エドゥアルド・ベリッソ監督「マルセロ・ビエルサ監督をスタートとし、成長の歴史を継続する」

オヒギンスとセルタ・デ・ビーゴで成功を収めたアルゼンチン人のベリッソ監督がセビージャFCの17/18シーズンのチャンピオンズリーグプロジェクトを担う。

マルセロ・ビエルサ監督をスタートとし、マヌエル・エドゥアルド・ベリッソ監督は選手としても監督としても現在の輝かしい軌跡の主役となった。セビージャFCとの調印を終え、チャンピオンズリーグ挑戦というエリートコースへ進む。

「ビエルサ監督は知らなかったことを教えてくれた。すべてが発見だった。ガイドのようなもので、どのように指揮を執るか教えてくれた」。セビージャFCの新監督は彼の歴史において、現在リールで指揮を執るビエルサ監督の重要性を強調する。ビエルサ監督の下、高いクオリティーと個性を持ったCBとしてニューウェルズで活躍したベリッソ監督は90年初頭に多くのタイトルを勝ち取り、カディスCFで引退を決めた後、2007年にビエルサ監督はチリ代表のコーチとしてベリッソ監督を迎え入れた。ビエルサ監督から離れた後、エドゥアルド・ベリッソ監督は勝利の道を築き、その可能性は未知数だ。ヨーロッパサッカー界で、優秀な生徒から有名な監督へ。

ビエルサ監督が選手として見出し、コーチとして迎え入れた。その後、攻撃を持ち味にし、成功の道を歩む。

ベリッソ監督は80年代後半にニューウェルズでプロサッカーの扉を叩き、二つの大会を制覇すると、若年でメキシコのアトラスへ移り、素晴らしい3シーズンを過ごす。リバープレートで勝利を収めるため1996年に母国に帰国。リバープレートでの活躍により、1999年にヨーロッパの地へ移り、短期間、オリンピック・マルセイユに所属し、その後、31歳でセルタ・デ・ビーゴに来たが、高いレベルのプレーを5シーズンも続けた。ビーゴを離れた後、カディスに移り、1シーズン(05/06)、プリメーラ・ディビシオンでプレー。

その後、休むことなく、マルセロ・ビエルサ監督が指揮するチリ代表に合流し、南アフリカのワールドカップが終わるまで、共に仕事をした。ビエルサ監督と離れた後も、監督になることを常に目指し、10/11シーズンの後半、エストゥディアンテ・デ・ラ・プラタの監督に一時期就任し、監督業をスタート。成績不振が原因でベリッソ監督自身が辞任を決め、2011年11月にチリのオヒンギスの監督に就任。攻撃的なサッカーでクラブを変え、タイトルを得た。ベリッソ監督を擁するオヒンギスは2013年のアペルトゥーラトーナメントで勝利し、クラブ史上初めて王者の座を獲得し、その上、2014年のチリ・スーパーカップも手にしている。2012年にもアペルトゥーラトーナメントで準優勝している。2014年5月、エドゥアルド・ベリッソ監督はランカングアに本拠地を持つオヒンギスを後にする。エル・テニエンテスのクラブで輝かしい時間を過ごした。

オヒンギスではクラブ史上初めて王座を獲得し、スペインではビーゴを再びヨーロッパの舞台に立たせ、常に攻撃的なスタイルを貫く。

2014年夏、ルイス・エンリケ監督がセルタ・デ・ビーゴを後にFCバルセロナへ移籍すると、セルタ・デ・ビーゴは選手としても同クラブで輝かしい足跡を残したベリッソ監督にヨーロッパでの監督としてのチャンスを与えた。エドゥアルド・ベリッソ監督は周囲の期待を裏切ることはなかった。チームは順位表の真ん中あたりを定位置としていたが、3シーズンの任期で15/16シーズンは6位に入り、15/16シーズン、16/17シーズンと国王杯で準決勝に進出し、16/17シーズンにはヨーロッパリーグで準決勝に駒を進めたが、マンチェスターユナイテッドに接戦の末に敗れている。

チリのオヒンギスで監督として成功を収め、すべての称賛を浴び、その後、スペインではセルタで監督としてもっとも重要な一歩を勝ち取った。高いレベルを要求するセビージャFCは攻撃的なサッカーを実践し、これまでの好成績を手にする監督と未来を共にする。

Communication Department