パレハ、バネガ、カリーソが大阪でサイン
一軍

パレハ、バネガ、カリーソが大阪で熱狂を誘う

セビージャの中心メンバーが日本のファンを大いに喜ばせた。セビージャの英雄を一目見ようと長蛇の列

セビージャFCブランドは年々、広がりをみせ、国境を越え、ビッグクラブのレベルに近づきつつある。土曜日の午前練習の後、日本のファンのためにサイン会が準備され、見逃せないイベントとなった。事実、大阪のファンだけではなく、広島や京都といった別の都市からもファンが集まった。「自分」のチームを近くで感じるためには、何百キロの移動もかまわない。セビージャFCのシャツ、旗、その他のグッズ。ネルビオンを本拠地に持つセビージャFCが数年前にアジアに到着し、定着したことが見てとれる。

名声は十分。ニコ・パレハ、ダニエル・カリーソ、エベル・バネガが日本の若者や若者以外にも対応し、サインやセルフィーに応えた。その中でもエベル・バネガが人気を集め、セビージャFCのユニフォームへのサインだけではなく、アルゼンチン代表のユニフォーム、中にはインテルのユニフォーム、その他のコレクターグッズにもサインをした。

Communication Department