Joaquín Caparrós, nuevo técnico del Sevilla FC
一軍

ホアキン・カパロス監督が今シーズン終盤、セビージャFCの指揮を執る

カパロス監督がセビージャFCの今シーズン残り4試合の指揮を執る。

ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督の解任が決定後、セビージャFCとホアキン・カパロス監督が合意に至り、ウトレラ出身のカパロス監督がセビージャFCの今シーズン最後を締めくくることになった。

ホアキン・カパロス監督が波乱の今シーズンの最後を引き受け、今シーズン以降についてはクラブのスポーツ面が再編された後、後日決定予定。事実、数か月前からカパロス監督の就任は検討されており、接触が持たれていた。監督就任とホセ・カストロ会長について、経験豊富なカパロス監督はセビージャFCのトップチームの指揮を執ることを快諾し、今シーズンの残り4試合でUEFAヨーロッパリーグ出場権獲得という目標を目指す

ヨーロッパリーグの出場を目指し、カパロス監督は今シーズンの最後を戦うため、生粋のセビージャの人材を求め、セカンドコーチにアントニオ・アルバレスコーチのサポートにカルロス・マルチェナ、パコ・ガジャルド、ルシ・マルティン、さらにGKコーチにホセ・ルイス・シルバ、フィジカルコーチにはフアンホ・デル・オホカルロス・オテロを任命。戦術担当はラモン・バスケス、アベル・ピメンタ

ホアキン・カパロス監督の就任会見は日曜日の昼に予定されており、最初の練習は日曜日午後6時から予定されている。

 

Communication Department