ダニエル・カリーソ、エイバル戦にて
一軍

カリーソが2020年6月まで契約を延長

2013年夏にセビージャにやってきたポルトガル人CBカリーソがネルビオンで5シーズンを過ごす

セビージャFCとダニエル・カリーソが今シーズンで終了予定だった契約を延長することで合意した。契約期間は2020年6月まで。今回の延長により、セビージャはキャプテンの一人であり、ロッカールームのリーダーであるカリーソを確保。昨シーズン、カリーソは負傷に悩まされたが、絶対的なレギュラーの座を確保している。

ダニエル・カリーソはセビージャFC在籍の4シーズンで112試合に出場。2013年夏の入団以降、ウナイ・エメリ監督の絶対的なDFの一人となり、UEFAヨーロッパリーグでの3回の決勝でプレーし、2014年、2015年、2016年にカップを手にし、2016年のスペイン国王杯の決勝でもプレー。

カリーソは最初のシーズン、ボランチとしてプレーし、2シーズン目以降はCBとなり、リーガでは71試合、ヨーロッパリーグで29試合、スペイン国王杯で8試合、チャンピオンズリーグで2試合、ヨーロッパスーパーカップで2試合に出場し、これまでに6ゴールを決めている。

Communication Department