モントーヤがセレッソ大阪の選手に囲まれながらボールコントロール
一軍

モントーヤ「ここに着いたことを悪くは受け止めなかった。どのような状況か知っていたから」

セレッソ大阪戦で好プレーを披露したアルゼンチン人のモントーヤがセビージャで初めてシーズン開始からスタートすることに希望を示した。

日本での最初の親善試合、ワルテル・モントーヤが好印象を与えた一人となった。アルゼンチン人のモントーヤは昨シーズンの冬の市場で入団したが、スペインでの最初の半年、ほぼデビュー機会がなかった。一方で、今後の変化を確信している。「大会途中で入団することになり、急いで適応しなければならなかった。ちょっと苦労したが、前にも言っていた通り、これは過程だった。チームメートたちと同じコンディションでスタートするのとは状況が違うが、自分なりに最高の形でそれを捉え、多くのことを学ぶのに役立った」。

容易な状況ではなかったが、何かが起こるだろうと信じていた。「悪くは受け止めなかった。どのように到着し、どのような状況か自分自身で理解していたから。アルゼンチンのサッカーがスペインのと異なることは知っていた。決意と学習で乗り切り、それが将来に役立つと思う。それをポジティブに理解している。今はチームメートたちと同じ状況で、この5か月が貴重なものになった」。

将来について、ベリッソ監督の重要なプレーヤーになると確信している。「新しいコーチ陣が来て、同じアルゼンチン人。わたしにとっては重要なことだ。始まったばかりで、監督に認めてもらうために実力を示さなければならない。他の選手同様、チャンピオンズリーグの予選に向け100%で練習をしている。わたしたちはいい流れを続けていて、これらの親善試合はチームにとてもプラスになる」。

直近、父親が他界し、つらい時を過ごしたが、日本到着について、忘れられない体験になると説明。「信じられないような体験だ。その時々を楽しんでいる。わたしが個人的につらい瞬間を過ごしたことを、みんなが知っている。多くのことに迷いが生じるが、わたしがここに帰ってくることを彼は望み、空の上からわたしを照らし、力を与えてくれている。全力を尽くしている。未来が重要だ」。

最後に、セレッソ大阪戦での好プレーに言及「とても良い感触をつかんだ。チームメートとコーチ陣の信頼がとても重要だ。トレーニングを続けなければならない。まだまだ親善試合が残っていて、重要な大会が迫ってきている。調子はよいが、謙虚さを持ってトレーニングを続けなければならない」。

Communication Department