Ramón Loarte, el CEO de Playtika y los jugadores Lenglet, Nolito y Navas
クラブ

PLAYTIKAがセビージャFCとの初めての広告キャンペーンを発表

スマホゲームのリーダーであるPlaytikaとセビージャFCが初めてのワールドキャンペーンの実施を発表

セビージャFCのオフィシャルスポンサーであるPlaytikaが斬新でクリエイティブなスポット広告を発表した。, PlaytikaのロゴマークであるチーターがセビージャFCのスター選手であるヘスス・ナバスに変わり、ノリート、ラングレ、コレアに合流する。今回発表された新キャンペーンはチーターと名付けられ、PlaytikaとセビージャFCに共通する価値観であるスピード、バイタリティー、軽快さ、精度を表現している。Playtikaのマーケティングディレクターであるニル・コルチャックは, 「わたしたちと同じ価値観、DNAを持つ組織と協力でき、幸運に思う。Playtikaのすべてのゲームに刻み込まれたクリエイティブな形によって、これらの価値観を大衆に伝えることができ大変感激している」と説明した。

セビージャFCのマーケティングディレクターであるラモン・ロアルテも同意し, 「PlaytikaとセビージャFCは情熱に満ち、成長を続けるための勇気を持ったリーダーである。 わたしたちは広告面で一歩前進し、世界に通じるレベルの広告を制作し、スポンサー、選手、そしてセビージャFCのイメージが向上する広告になっている」と述べた。, キャンペーンは世界規模で展開され、セビージャFCにとって今シーズンのカギとなる時期に発表される。今週水曜日にはUEFAチャンピオンズリーグのベスト16でマンチェスターユナイテッドと対戦し、そのすぐあとにリーガのアトレティコ・マドリード戦、レアル・マドリー戦が待ち構え、最後にはバルセロナとの国王杯決勝が控える。

Playtikaについて
2010年設立。Playtikaはスマホゲームにおいて 世界で最高の売上高を誇る会社の一つ。ゲームのコレクションにはスロットマニア、Bingo Blitz、World Series of Poker (WSOP) といった有名なゲームが含まれ、毎月2000万人以上のアクティブユーザーを数え、毎日650万人以上のユーザーがプレーする。2016年、中国企業コンソーシアムが44億でPlaytikaを取得し、イスラエルの3大成功の一つとなった。本拠地をイスラエルのヘルツリーヤに構えるPlaytikaは世界10か国に15の拠点を持ち、1800人以上の従業員が働く。

Communication Department