今シーズン、ビトロがダニ・アウベスとボールの奪い合い
一軍

UEFAランキングで上位のセビージャFCがグループリーグ進出を目指す

セビージャがランキングで8番目に位置し、上位の7チームはすでに次回チャンピオンズリーグのベスト32に進出を決めている。

未確定の部分もあるが、次回チャンピオンズリーグで対戦が予想されるチームの名前が徐々に明らかになってきている。今シーズン、セビージャファンにとって、一次予選がもっとも注目の的になるだろう。8月のプレーオフで対戦する可能性のあるチームの名前がわかり始めている。ポルトガルのスポルティング、ホッフェンハイムが、抽選の際、トップグループに来ないことがわかっているチーム。結果、セビージャと対戦する可能性があるチームといえる。

一方、UEFAランキングによれば、抽選の際のトップグループに入る5チームの中でセビージャが最高のポジションにいることは確か。最近5シーズンをヨーロッパレベルの大会で戦っているセビージャFCは8位にランクインしている。セビージャは112.942ポイントを獲得しており、レアル・マドリード、バイエルン・ミュンヘン、FCバルセロナ、アトレティコ・マドリード、ユベントス、PSG、ボルシア・ドルトムントに次いでいる。セビージャの上をいく上位7チームはすでにグループリーグへの進出が決定している。

セビージャFCがUEFA係数で112.942ポイント。

プレーオフで対戦する3チームの名前を知るには、トップグループとそれ以外のグループのグループ分け待ちとなっている。留意点が二つある。一つ目は、各協会(例えば、ギリシャ)によっては来シーズンにヨーロッパレベルの大会に出場するチームがまだ決定していない。もう一つは各国の王者ではなく、予備予選から勝ち上がってくる10チームがセビージャと対戦する可能性がある。

これらのデータの他、リバプールとナポリがトップグループに入る予定で、対戦の可能性はない。アヤックスとディナモ・キエフについても、予備予選を勝ち抜いてきた場合には同様に対戦の可能性はない。ブルージュ、CSKA、ニース、ステアウア・ブタペスト、ヤング・ボーイズ、ヴィクトリア・プルゼニ、イスタンブールBBSK、マノロ・ヒメネス監督が率いるAEKが予備予選を勝ち抜いた場合、対戦の可能性がある。すべてはプレーオフへの進出チームとUEFA係数次第。トップグループに入る上位5チームと残り5チームに振り分けられる。

Communication Department